THOUGHT

仕事に悩んだら「自分の働き方に気づく心理学」で自身を見直そう

仕事に悩んだら「自分の働き方に気づく心理学」で自身を見直そう

毎日の仕事がつまらないな
毎日の仕事に不満がある
毎日の仕事が辛いと感じる
もしかすると、それは心が疲れているサインかもしれないよ

この記事の内容

毎日の仕事が辛いと感じている人にオススメの書籍「自分の働き方に気づく心理学」を紹介します。

そんな気持ちが続いてしまうと多くのデメリットが出てきます。

デメリット

  • 仕事でミスが頻発する
  • 退職することになる
  • うつ病で療養が必要に

などなど辛いままで毎日の仕事を続けるのは、非常に危険なのです。

今回は仕事の悩みを抱えている人にオススメな「自分の働き方に気づく心理学」について解説していきたいと思います。

毎日の仕事が辛いと感じている人はもちろん、仕事を続けるか悩んでいる人もお見逃しなく。

就職活動や転職活動をするにあたってオススメの書籍を探している方にもオススメできる書籍です。

こんな方におすすめ

  • 毎日の仕事に不満がある方
  • 今の仕事を続けるか悩んでいる方
  • 就職・転職活動をこれから始める方

 

目次

  1. 「自分の働き方に気づく心理学」が好評な理由
  2. 就活や転職にも役立つ「自分の働き方に気づく心理学」
  3. まとめ

 

 

1.「自分の働き方に気づく心理学」が好評な理由

「自分の働き方に気づく心理学」が好評な理由

 

アマゾンのレビューでも非常に好評な「自分の働き方に気づく心理学」ですが、なぜ多くの人から支持されているのでしょうか。

「自分に気づく心理学」をはじめ数々の名著を生み出している著者というのもありますが、もちろんそれだけではありません。

「自分の働き方に気づく心理学」があなたの心が今必要としている本なのか。

それを知るためにも、この本が支持されている魅力について触れていきたいと思います。

\ 画像をクリックで詳細が見れます /

自分とじっくり向き合える本

まず「自分の働き方に気づく心理学」が好評な理由の一つが、自分とじっくり向き合うことができる本だということです。

レビューでも多くの人が挙げていますが

ココがおすすめ

  • 自分を見つめ直すことができた
  • 客観的に自分を捉えることができた
  • 自分の仕事(心)の悩みが軽くなった

などなど自分と向き合い、その上で今の仕事と上手に付き合えるようになったと言う人が非常に多い。

今の自分の価値観ではなく、本を通して新たな価値観を取り入れることで、「自分の働き方」を見直すきっかけになる!

こういった自分と向き合うための「きっかけの本」としての評価がかなり高いですね。

職業観を見直せる

また、先程の自分を見つめ直すと似ていますが、職業観を見直せるという点も評価されています。

「自分は今まで○○のために仕事をしてきたけれど、本を読んでから職業(仕事)についての考え方がガラッと変わった」という人が多いのも、この本の特徴です。

中々職業観を見直したり、仕事に対する捉え方を変えるのは難しいもの。

自分の中にある根本的な価値観を変えるというのは、それほどまでに容易なものではありません。

だからこそ「自分の働き方に気づく心理学」のように、多くの人に響き、そして変わるきっかけになる良書を取り入れることで、仕事の悩みを軽くしたり新たな一歩を踏み出すためのきっかけにするのが良いのではないでしょうか。

仕事の悩みが軽くなる

「自分の働き方に気づく心理学」の内容を総合的に表すならば、「働き方論」という表現がピッタリでしょうか。

だからこそこの本を読むことで、仕事の悩み、職場の悩みが軽くなった(なくなった)とのレビューも多いのです。

仕事の悩みはその原因が解決しなければ絶対に解消できないと考えている人は、意外と多いもの。

もちろん一理あるのですが、仕事自体が悩みの場合はどうしても解消できないケースも珍しくありません。

だからこそ、「働き方論」でもあるこの本を読むことで、自分の基準となる価値観を振り返り、その上で新たな価値観を取り入れることが大切です。

そうすることで悩みの原因(例えば人間関係や仕事内容)はそのままだったとしても、自身の捉え方が変わることでかなり悩みや苦痛が軽くなるもの。

「そんな考え方でなんて…」と価値観や捉え方を軽視する人もいますが、だからこそその考え方を一度ガラッと変えてみることが大切です。

むしろ「価値観が変わるだけで悩みがなくなるなら苦労はない」と考えている人ほど、「自分の働き方に気づく心理学」を一度読むことをオススメしますよ。

2.就活や転職にも役立つ「自分の働き方に気づく心理学」

就活や転職にも役立つ「自分の働き方に気づく心理学」

今回は「自分の働き方に気づく心理学」について解説してきました。

この本は多くの人にオススメですが、特に下記のような悩みを抱えている人はぜひ一度読んでみることをオススメします。

こんな人におすすめ

  • 今の仕事を続けるか悩んでいる
  • 職場の人間関係が本当に辛い
  • 自分に合った仕事がわからない

このような人は「自分の働き方に気づく心理学」に目を通してみるべきでしょう。

既に仕事をしている人はもちろんですが、就職活動に悩んでいる人にも「働き方論」を学ぶための書籍としてオススメです。

また転職で悩んでいる人も、次の職を決める際の参考にしたり、本当に転職を決断するべきかの再考のためにも読んでみるべきでしょう。

\ 画像クリックで詳細が見れます /

3.まとめ

現代社会では働き方全般で悩んでいる人はとても多いです。

すぐに解決できる悩みもあれば、どうしても根本的な解決が難しい悩みもあることでしょう。

だからこそ周りを変えるのではなく、自分自身の内なる考え方を見直すことで、仕事や職場環境の捉え方が全く変わってくるもの。

お仕事全般の悩みを抱えているすべての人にオススメできるのが、名著「自分の働き方に気づく心理学」なのです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました
はてブボタンを押して、にゃおすを応援してね

-THOUGHT

Copyright© にゃおすブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.