SOCIAL

ランキング形式で紹介。本当に実在するおばか社員ベスト5

こんにちわ。にゃおすです。

 

地元の零細企業からとある商社に転職したわけですが

従業員の規模が違いすぎる為、いろんな人がいます。

優秀な人からポンコツな人まで多種多様です。

今日は社内にいるヘンテコポンコツな人をランキング形式で紹介していこうと思います。

 

ヘンテコポンコツ社員ランキング

・第5位!中堅社員のAさん(43歳)

・第4位!中堅社員のKさん(45歳)

・第3位!ベテラン社員のOさん(50歳)

・第2位!ベテラン社員のHさん(50歳)

・第1位!ベテラン社員のIさん(51歳)

・さいごに

 

 

 

第5位!中堅社員のAさん(43歳)

 

ある日の仕事終わりに私と後輩とAさんの3人で飲みに繁華街へ。

あまり社内の人とは飲まない私ですが、今回はAさんの奢りということもあって

参加させて頂きました。

このAさんは関西出身で海外駐在経験あり。とてもアツい体育会系の人です。

席順や酒のつぎ方は本当にうるさい。しかし、絶望的に頭が悪い。

私の嫌いなタイプです。

2時間ぐらい飲みましたかね。今日はAさんの奢りということだったので会計レジは

Aさんに任せて外で待ってたんですが、酔ってるせいかモタモタ・・・。

こっちは早く帰りたいのに一向に出てくる気配がなく、シビレを切らした私は

タクシーを捕まえて後輩と一緒に帰りました。

後輩「にゃおすさん、まずいですよ。明日絶対怒られますよ。」

私「大丈夫っしょ」

―翌日―

Aさん「おい!にゃおすっ!お前昨日なんで帰ったんや!」

とめちゃくちゃお怒りのご様子。

私「何でって・・・タクシーで帰りましたよ」ってすっとぼけ

Aさん「そうか・・・そならええわ」ですって。

そんなWhyとHowの違いに機転を利かせた返しに何も言い返せないAさんは第5位にランクイン。

 

第4位!中堅社員のKさん(45歳)

Kさん「あれ?この決済条件わからないな・・・電話でお客さんに聞こう」

Kさん「Kです。御社の決済条件なんですが」

取引先「その決済条件はコレコレこうでこうですよ。」

Kさん「ああ!そういうことか。わかりました。」

―数分後―

Kさん「Kです。先ほどの条件なんですが」

取引先「ですからコレコレこうです。」

Kさん「あ、なるほど。ありがとうございます。」

―数分後―

Kさん「やっぱりわかんないなー。」

Kさん「Kです。先ほどの」

取引先「コレがコレで20日締めですよね?そこから起算して頂いて」

Kさん「!!やっとわかりました!もう大丈夫です。いやぁ、本当にありがとうございます。いちいち。」

この場面ではいちいちではなくわざわざを使ってほしかった。Kさん痛恨のミス。

数分後クレームの嵐を呼んだKさんが第4位にランクイン。

 

第3位!ベテラン社員のOさん(50歳)

Oさんはすぐ怒っちゃうんです。些細なことでも頭に来てモノに当たる傾向があり

女性一般職からはかなり嫌われています。

個人的にはいじるとすぐキレつっこみしてくるので好きなんですがね。

ある日雑貨屋で貯金箱を見つけた私は閃いてそれを購入。

事務所に戻り、Oさんのところへ。

私「Oさん、この貯金箱あげます」

Oさん「なんでだ?」

私「今度仕事でイライラしたら、その貯金箱に100円貯金してください」

Oさん「あ?」

私「一週間後蓋開けて100円玉数えたら、自分がどれだけイライラしてるのかわかるしお金たまります。一石二鳥ですわ。」

Oさん「なるほどな。ありがとう。」チャリン

おもむろに目の前で財布取り出し、そのまま100円玉を貯金。

いじりにイライラして早速貯金箱を活用してくれたOさんが第3位にランクイン。

 

第2位!ベテラン社員のHさん(50歳)

会社の規定でドライヴレコーダを搭載することが決まり

試験的にHさんが日ごろ使用する社有車に搭載しました。

―搭載してから数日後―

私「どうですか?レコーダの方は支障なく機能してますか?」

Hさん「いやージョージが運転中もうるさいんだよな。あれ音消せないのか?」

ジョージ・・・?

Hさん車好きだから車関連の装備品とかに名前つけて愛着持っちゃうんかな?

と思いつつ

Hさんの社有車を借りようとしたところ

ドライブレコーダ「常時録画を開始します。」テロリン

そこでにゃおすは気づきました。

そうです。Hさんの耳フィルターを通すと下記のように聞こえてるわけです。

「ジョージ!録画を開始します☆」

Hさんに事情を説明したところ

Hさん「あ、そう?じゃあアレはだぁれ?」ですって。

車好きなおとぼけベテラン社員のHさんが第2位にランクイン。

 

第1位!ベテラン社員のIさん(51歳)

Iさんはパソコンがめちゃくちゃ苦手。

新しいシステムから多機能マウスとかを見る姿は

まるで犬猫が火を見るかのような反応と酷似してます。

―残業時間中―

Iさん「にゃおす、パソコン教えて」

教えて欲しい内容はExcelで新しいシートを追加作成する方法でした。

私「Iさん。それ前も教えましたよね?その時Iさんメモとってましたよ。」

Iさん「ああ、あれな。字が汚くて捨てた」

私絶句。

私「いいですか?ここにカーソル合わせて」

Iさん「あーそうだそうだ。」

私「+のボタンを押す」

Iさん「あーそうだそうだ」

私「もしくは右クリックで(ry

Iさん「あーそうだそうだ」

残業してて只でさえ早く帰りたいのにしょうもないことで手間とらせやがってと

なにが「あーそうだそうだ」だよ。わかったふりしてんじゃねーよ。

という気持ちが爆発して思わず。

机をバンっ!!!

私「Iさん!!そうだそうだじゃないでしょ!?」

Iさんビクゥっ

Iさん「はい。そうですそうです。

いやいやそういうことじゃなくて(泣

パソコンの使い方以前に教えるものがあると逆に教えてくれたIさんが堂々の第1位!!

 

さいごに

何が悲しいって皆さんそこそこの高学歴なキャリアをお持ちなのにも

関わらずボケボケなんです。

面倒くさいけどどこか愛らしい、いじりがいのあるおっさん連中らを私は嫌いになれず。

今日も顔合わせば一言、二言いじらせていただいております。

なんの役にも立たないクソ記事ですが、みなさんがこれを読んで

クスリでも笑ってくれたら幸甚です。

-SOCIAL

Copyright© にゃおすブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.